卓球とうつ病日記

リニューアルしました♪「見てよかった」と思われるブログ目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Mopha(モファ)】モファPRO(国チーム用)最終結論

・ハンドルネーム:たいぞう
・主な戦績
 自慢できるほどの戦績はありません。
・年齢:38歳
・卓球歴:小中高8年(18年ブランク)+再開して4年
・戦型:ペンドラ
・ラケット:サイプレスS
・使用したことのあるラバー
 タキネスドライブ、スレイバー、マークⅤ、タキファイヤ、カタパルト、
 ニンバス、プラズマ470、天キョクⅢ、焦点Ⅰ、ロクソン500、
 テナジー・05/64、ラクザ7、エクスプレスONE、
 VEGAプロ/アジア、ファスタークG-1、モファ、
 モファPRO(省チーム用)


モファPRO(国チーム用)の最終結論です。


1.ラバーを一言で言うと(100文字以内)
  モファのようなインパクトはありませんが、モファの突出した
  スピード性能をやや控えめにし、プレーヤー側の打ち方や
  力加減で調整できる”調整代”を大きめにしたラバーだと
  思います。
  

2.ラバー重量(カット前 → 後)
  国チーム用・・・54g→40g
  ちなみに、
  モファ・・・62g→40g
  省チーム用・・・57g→36g
  国チーム用はカット前が最軽量にも関わらず、カット後がモファと
  同じ(重い)という不可解なデータとなりました。
  (同じラケットで重量計やハサミも同じものを使っていますが)
  色々な要因があるかと思いますが、バラツキがありそうです。


3.ドライブのスピード・回転量・コントロール性について
  スピード:
  モファの使い始めは、そのスピード感はインパクト大でした。
  国チーム用は、そういうインパクトはありませんが、
  VEGAプロやテナジー・05とった回転系テンションの中では
  平均レベルはクリアしていると思います。
  尚、省チーム用よりは確実に速いです。
  
  回転量:
  回転量はモファと同等だと思います。テナジー・05やVEGA
  プロのような「ガツン!」と切れる感覚はありませんが、
  モファよりはほんの少し剛性感のある感触です。

  コントロール性:
  モファに比べて大人しい印象ですが、逆にそれが扱いやすさに
  繋がっている感じがします。スピード、回転とも決して突出しては
  いませんが、バランスが良いです。


4.ツッツキ・ストップ・ブロックなどの守備技術について
  ツッツキやストップはモファと違いは感じません。
  切ろうと思えば切れますし、相手の回転影響を受けやすい性質では
  ないため、ラケット角度のシビアさを要求される度合いは小さいと
  思います。
  
  ブロック入りやすいです。モファのような「カウンターブロック」
  的な速さはありませんが安定性が光ります。


5.サービス・レシーブのスピード・回転量・コントロール性について
  これもモファと同等です。
  切ろうと思えばよく切れます。
  サービスを短くまとめやすいこと、横回転の曲がり、これらの良さは
  モファを踏襲しています。
  逆に切る/切らないでボールの軌道に差がでやすいこと、
  ロングサービスはバウンドが高くなり勝ちなことも同様に踏襲して
  います。

  レシーブは相手の回転影響が比較的小さいので、テナジー・05や
  VEGAプロのようなシビアさはいらない分、小技が効かせやすい
  メリットがあると思います。


6.メリットについて
  ラバーの性能に頼る度合いが比較的小さく、自分のスイングなり
  力加減や手先の微妙な感覚に忠実なボールを出せる点。
  モファのようなインパクト、突出した点はありませんが、何でも
  ソツなくこなしてくれるところが美点だと思います。


7.デリットについて
  テナジー・05やVEGAプロのような回転を掛けた感覚が
  乏しい点。これはモファと同じです。
  ただ、これは絶対的な回転量自体は足りない感じはないので、
  感覚という好みの問題でデメリットと感じない人もいると思います。


8.こんな貴方にお奨めしちゃう
  モファでは飛びすぎという方。
  回転、スピード、コントロールのバランスを求める方。
  あと、「PRO」のネーミングと間逆になりますが、基礎をしっかり
  習得したい初心者の方。
  自分のスイングや力加減での調整代が大きいことから、
  「こう打てばこういうボールになる」という感覚が得やすいと思います。
  また、高弾性よりは弾みますので、肩に力が入りすぎて変に力んで
  フォームが崩れてしまうという初心者にありがちな課題を克服する
  という意味でも入門ラバーとして使うのもアリだと思います。
  


9.ズバリ妥当な価格は?
  VEGAシリーズが割引後で2500円~2800円で買えることを
  考えると、割引後の価格で2500円以下。
  ジャスポさんの売価2310円です。
  テナジーの3割引が4410円ですから、テナジーの約半値ですね。
  非常にリーズナブルな価格だと思います。
  


10.継続使用したいですか?
  自分のプレースタイルがドライブの回転重視なので、グリップ感を
  重視しています。この点でVEGAプロが優勢ですから、
  VEGAプロを選びます。
  (現在はオメガ4アジアですが)


↓いつも応援クリックありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ

PR:愛知の卓球クラブ情報、ショップ情報なら...「愛知卓球の情報サイト」
スポンサーサイト

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

【Mopha(モファ)】モファPRO(国チーム用)ファーストインプレッション

ジャスポさんより、モニターを任されました
「モファPRO(国チーム用)」のファーストインプレッションです。

・ハンドルネーム:たいぞう
・主な戦績
 自慢できるほどの戦績はありません
・年齢:38歳
・卓球歴:小中高8年(18年ブランク)+再開して4年
・戦型:ペンドラ
・ラケット:サイプレスS
・使用したことのあるラバー
 タキネスドライブ、スレイバー、マークⅤ、タキファイヤ、カタパルト、
 ニンバス、プラズマ470、天キョクⅢ、焦点Ⅰ、ロクソン500、
 テナジー・05/64、ラクザ7、エクスプレスONE、
 VEGAプロ/アジア、ファスタークG-1、
 モファ、モファPRO(省チーム用)

最近、モファ、モファPRO(省チーム用)のモニターをやらせて頂き
ました。今回はモファPRO(国チーム用)ファーストインプレッション
です。

まず、パッケージから。

真空パッケージで「ジャケット無し」です。
これはただならぬ感じというかスペシャル感がありますね。

モファには粘着性なしの保護シートが付属していましたが、
国チーム用は同じデザインながら粘着性のある保護シート
でした。

また、モファは自由状態でかなり反っていましたが、
国チーム用は反りが少ないです。(省チーム用も反りが少ない)

指で摘んでみて感じる硬さは、モファと同等、省チーム用より
軟らかいです。

見た目上、モファ、省チーム用との違いはスポンジへのスタンプ
「Special For National TT Team」のみ。
(モファ、省チーム用は「Special For Professional TT Team」)

続いて重量。(カット前→カット後)
国チーム用・・・・・・54g→40g
ちなみに、
モファ・・・62g→40g
省チーム用・・・57g→36g

国チーム用はカット前が最軽量にも関わらず、カット後がモファと
同じ(重い)という不可解なデータとなりました。
(同じラケットで重量計やハサミも同じものを使っていますが)
切断のバラツキなのか、中央部分が重い...ということなのか??

さて、試打の感想です。

モファはドライブを2~3球打った時点で「これは弾む!」と驚きましたが、
国チーム用はそういう驚きはなく、大人しい印象でした。
(省チーム用よりは弾みます。)

回転量はモファと同等と思いました。(省チーム用より上)
単独で評価すると必要十分かな、と思いますが、テナジーやVEGAと
比べてしまうとグリップ感が小さい感じは否めません。
もう少しグリップ感が欲しいです。

しかし、逆にそれがレシーブや守備系技術の安心感に繋がっている
感じがします。モファより弾みが抑えられていることもあり、スピード、
回転とも決して突出してはいませんが、バランスが良いです。
そういう面(スピードと回転のバランスの良さ)から言うと、最近試した
ラバーの中では、ファスタークG-1に近いかもしれません。

打球フィーリングはややグニャッとしたモファに対し、国チーム用は
剛性感があり、モファより好感の持てる側です。
(当然、好き嫌いはあると思いますが)

総括すると、モファPRO(国チーム用)はモファの尖った部分
=カッ飛び感をマイルドにした感じ。
モファはある程度ラバーの性能で飛ばすのに対し、パワーのある選手向け
に自身の力加減で調整可能な余地を大きく残していると理解すると、
「国チーム用」というネーミングもすんなり受け入れられると思います。
「国チーム用」=「より弾む」でも「より回転が掛かる」でもありません。

モファらしさ=スピードを求めるのであればモファ。
モファをジャジャ馬と感じる人やスイングスピードに自信がある人なら
国チーム用。

以上がモファPRO(国チーム用)のファーストインプレッションです。



PR:愛知の卓球クラブ情報、ショップ情報なら...「愛知卓球の情報サイト」

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

【Mopha(モファ)】モファPRO(省チーム用)最終結論

ジャスポさんからモニターを仰せつかっていた
モファPRO(省チーム用)の最終結論です。

注:これは真空パッケージ、いわゆる新モファのPROバージョンでは
  ありません。赤い紙パッケージの物です。
  真空パッケージのモファPRO(国チーム用)は別途レポートします。

・ハンドルネーム:たいぞう
・主な戦績
 自慢できるほどの戦績はありません。
・年齢:38歳
・卓球歴:小中高8年(18年ブランク)+再開して4年
・戦型:ペンドラ
・ラケット:サイプレスS
・使用したことのあるラバー
 タキネスドライブ、スレイバー、マークⅤ、タキファイヤ、カタパルト、
 ニンバス、プラズマ470、天キョクⅢ、焦点Ⅰ、ロクソン500、
 テナジー・05/64、ラクザ7、エクスプレスONE、VEGAプロ/アジア、
 ファスタークG-1、モファ

 このレポートを読んで下さる方に対して何を伝えるべきか?と考えた末、
 「モファPRO(省チーム用)は(ノーマル)モファとどう違うのか?」
 を伝えるべきと判断しました。
 それゆえ、比較対象はテナジーやVEGAではなく、(ノーマル)モファに絞って
 レポートしたいと思います。

1.ラバーを一言で言うと(100文字以内)
  モファの、いい意味で尖った部分をそぎ落としたようなラバーです。
  モファに比べ、スピードは大幅に劣り、回転もわずかではありますが劣ると
  感じました。
    
2.ラバー重量(カット前 → 後)
  カット前:57g、カット後:36g
  因みにモファは、カット前:62g→カット後:40gでした。
  切れ端を使って、シートの粒形状や配列を比較しましたが違いはナシ。
  スポンジも見た目には違いは見られないのですが、摘むと明らかな差が
  ありました。モファより硬いスポンジです。
  (パッケージの記載は36~40度と同じでした)
  モファは自由状態でかなり反っているのに対し、モファPRO(省チーム用)は
  ごく普通。恐らくこの点が以下の性能差になっているのだと思います。  

3.ドライブのスピード・回転量・コントロール性について
  スピード:
  モファを始めて使ったときは2~3球打って「これは速い!」と感じましたが、
  そんなサプライズは全くなく、テンションラバーとしては平均以下だと思います。

  
  回転量:
  スポンジが硬いことから、回転性能には期待していたのですが、モファより劣る
  感は否めません。
  また、モファではドライブの「インパクト時の手応え」が乏しいことが最大の
  ネックでした。この点においても、若干カッチリしたフィーリングにはなって
  いるものの、手応えが非常に希薄であることはモファと同様でした。

  コントロール性:
  モファでは、「打った瞬間にボールの行方をイメージしにくい」、「打った瞬間に
  安心感を得られない」という理由でドライブのコントロール性では厳しい評価を
  しました。

  その点ではこちらも同様。
  「この打ち方、力ならこの位のスピードや軌道になるだろう」
  という自分の感覚とのギャップが大きいという意味でコントロール性は厳しい
  評価になってしまいます。
  しかしモファより弾みが小さい分「ジャジャ馬感」は全くないので、その点は
  モファより良い評価をしても良いと思います。

4.ツッツキ・ストップ・ブロックなどの守備技術について
  モファでのツッツキ、ストップは浮き気味になる感じでしたが、
  モファPRO(省チーム用)ではそれは感じませんでした。
  が、特筆すべき点はこれといって見当たらないというのが正直な感想です。
  守備的なブロックは角度さえ慣れてしまえば問題ないと思います。
  攻撃的なブロックはやはりモファに軍配が上がるでしょう。

5.サービス・レシーブのスピード・回転量・コントロール性について
  サービスの回転量はモファよりやや劣勢。ただ、弾みが小さい分短めに
  コントロールしやすいと思いました。
  レシーブについてはモファ同様、相手の回転影響が比較的小さい分、
  多少予測と違っても何とかなるという安心感を感じることができました。
  フリックは回転系より弾き系の方がやりやすいです。

6.メリットについて
  正直申し上げて、モファよりこちらを積極的に選ぶことのメリットを
  感じることができませんでした。

7.デリットについて
  モファはいい意味で尖った感じのラバーでした。
  その個性をモファシリーズのスタンダードだとすると、その個性が
  大きく薄められており、これといって特徴のないラバーになって
  しまっていると思います。

8.こんな貴方にお奨めしちゃう
  モファシリーズを試したいなら(ノーマルの)モファをお勧めします。
  どうしてもモファPRO(省チーム用)を試したい、という方以外は、
  価格帯がラップするVEGAシリーズをお勧めします。
  ただし、フラット系技術が得点源という方にマッチする可能性は
  あるかと思います。

9.ズバリ妥当な価格は?
  省チーム用というレアモノということで価格が高くなってしまうことは
  仕方のないことだと思います。
  ただ、純粋に性能面だけで言うとモファが激安の1890円でしたから、
  それ以下が妥当としか言い様がありません。
  裏を返せばモファが安すぎということですね。

10.継続使用したいですか?
  申し訳ありませんが、継続使用はできないです。
  モファPRO(国チーム用)に期待ですね。



PR:愛知の卓球クラブ情報、ショップ情報なら...「愛知卓球の情報サイト」 

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

【Mopha(モファ)】国チーム用 到着!

ジャスポさんからモニター用の「モファPRO(国チーム用)」が届きました。

国チーム用は、ジャケット無しの真空パッケージです!

中にはラバーと保護シートが入っているのですが、
モファ、モファPRO(省チーム用)と違って粘着性のある
保護シートでした。これは嬉しい。



これで、モファシリーズ3種目です。


見た目で違うところはパッケージと...

スポンジへの刻印「Special For ”National” TT Team」


あと、重量も。いずれもカット前です。

モファ(赤い真空パッケージ)・・・62g
モファPRO(省チーム用:赤い紙パッケージ)・・・57g
モファPRO(国チーム用:ジャケット無しの真空パッケージ)・・・54g

国チーム用は、定期的に国チーム(中国ナショナルチーム)に納められており、
コントロール性が良くなって使いやすいそうです。

個人的には、モファでのインパクト時の曖昧な感触がどうなっているか、
そこに期待しています。

近日中に試打レポートしようと思います。

モファPRO国チーム用、ジャスポさんでの販売価格はなんと、2310円と激安です。


PR:愛知の卓球クラブ情報、ショップ情報なら...「愛知卓球の情報サイト」 

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

【Mopha(モファ)】モファPROファーストインプレッション

随分遅れてしまいましたが、ジャスポさんのモニター募集で当選した
モファPROのファーストインプレッションです。

すでにジャスポさんのブログにUPされていますが...

今回試したのは、写真右の紙パッケージのモファです。
 ・・・以下、「モファPRO」と書きます。
左は前回試した真空パッケージのモファ。
 ・・・以下、「モファ」と書きます。



・ハンドルネーム:たいぞう
・主な戦績
 自慢できるほどの戦績はありません
・年齢:38歳
・卓球歴:小中高8年(18年ブランク)+再開して4年
・戦型:ペンドラ
・ラケット:サイプレスS
・使用したことのあるラバー
 タキネスドライブ、スレイバー、マークⅤ、タキファイヤ、カタパルト、
 ニンバス、プラズマ470、天キョクⅢ、焦点Ⅰ、ロクソン500、
 テナジー・05/64、ラクザ7、エクスプレスONE、
 VEGAプロ/アジア、ファスタークG-1、モファ


モファとの比較形式でレポートしたいと思います。

まず、貼る前の感想から...

モファは自由状態でかなり反っており、ラケットに貼るのが難しい
くらいだったのですが、モファPROはやや反っているものの、
モファと比べるとごく普通です。

指で摘んで比較してみると、硬さの違いも明らかです。
当然、モファPROの方が硬い側です。

切れ端を使って、シートとスポンジを剥がして外観、粒形状および
配列、感触を確認しましたが、違いは観られませんでした。
スポンジだけの比較では、目視上の差はないですが、やはり
モファPROの方が硬いです。

玉突きをしてもモファPROの方が明らかに硬い印象でした。

モファでは、「インパクト時の手応えのなさ」が「不安感」や
「打球感の悪さ」につながり、継続使用を断念した経緯があります。
「もっと硬ければネガは解消されるのでは?」と感じていましたので、
この硬さは期待が持てる方向です。

因みに重量は、以下です。

カット前:57g、カット後:36g
(比較)モファ:カット前:62g、カット後:40g

かなり軽めになっています。
モファは製造段階でスポンジに何らかの処理がされていて、
モファPROは未処理ということでしょうか?
真相はわかりませんが...

試打をしてみて...

正直、ガッカリしました。

モファと比べて、スピードは明らかに遅いです。
でも、これは予想通り。

期待していた回転も、モファPROが劣勢。

いちばん期待していた「インパクト時の手応え」もノーマルより
良いことはありませんでした。

...と、ほぼイイとこナシでした。

モファと比べてよかった点を強いて挙げれば、

・モファではグニャッという感じの打球フィーリングだったのが、
モファPROでは若干カッチリ側のフィーリングになったこと。

・サービスが若干短めにコントロールできること。

モファよりモファPROを積極的に選択したくなるような「これ!」
という点を見出せませんでした。
逆にそれだけモファの完成度が高かったということかも知れません。

しかし、まだ短時間しか使っておらず、これから良さを見出せるかも
しれませんので、もう少し使い込んで最終結論を出したいと思います。


PR:愛知の卓球クラブ情報、ショップ情報なら...「愛知卓球の情報サイト」 

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。