卓球とうつ病日記

リニューアルしました♪「見てよかった」と思われるブログ目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【テナジー・05】亀裂の成長記録②

前回11/12にUPした写真です。

4回、累計13.5時間使用。

2週間後、11/26の状態です。

13回、累計37.5時間使用。おろしてから約3週間。

②の箇所に大きな亀裂が入ってしまいました。

ガツンとぶつけてはいないのですが、フォアフリックのときに台を擦って
しまったときのものと思われます。

①の箇所も新たなクラックが。

③のクラックの伸展はありません。

やはり、耐久性に関してはトップシートの強度が最大の弱点です。

テンションの原理は詳しくわかりませんが、自由状態で引張応力が
かかっているということだと思います。
それに加えて更なる引張荷重がかかって破断に至った。

それはよくわかります。

しかし、最近各社からテナジーをターゲットにしたラバーが出ていますが、
耐久性向上を謳ったものが多いです。

XIOMのヴェガは従来の2倍の耐久性だそうです。

その「耐久性」が性能的なものなのか、強度的なものなのか
非常に興味があります。

ヴェガは値段が安く、ネット通販で3割引だと3千円以下という
こともあり、非常に興味があるので、買おうと思っています。

回転性能がテナジー05と遜色なくて強度的な耐久性も高いのなら
大人気商品になる可能性があると思います。

↓ブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

PR:勝ちたいなら・・・上達への近道 卓球上達革命
PR:卓球用品のお求めは、卓球マーケット
スポンサーサイト

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

【テナジー・05】亀裂の成長記録①

先日の日記でテナジーの寿命は
「硬化度合いの影響」と、
「トップシートの亀裂の発生有無とその大きさ」
で決まってくると私なりの結論を出しました。

硬化については、硬度の経時変化を測定すれば推移はわかると思いますが、
専用の硬度測定器械が必要になるため、自分で観察するのはは困難です。

亀裂については目視で観察できるため、先日新品に貼り替えたものを
これから観察していこうと思います。

写真は4日、累計13.5時間使用の表面状態です。


4日使用した間でぶつけた記憶はないのですが、写真①と写真②の部分は、
位置と状態から考えて、ぶつけるなり、擦るなりしたかもしれません。

しかし、写真③はぶつけてもいないのに突如現れたクラック(亀裂)。

「引張強さ」と言う機械的強度の指標があります。

ゴム材料については詳しくはないのですが...
例えば金属でいうと、規格で定められた形状の金属棒の両端を引張ることで
「引張強さ」が測定できます。

最初は弾性変形(引張る荷重を抜くと元の計上に戻る)し、さらに引張ると
塑性変形(荷重を抜いても変形が戻らない)領域に達し、最後には破断
します。

このときの応力(荷重/断面積)「引張強さ」といいます。

③のクラックは、ボールを打ったとき等に発生した局部的な引張応力が
トップシートの「引張強さ」を超えてしまったと考えられます。

また、クラックが入るのは、粒の円に沿ってはいることが多いため、
粒の周囲に応力が集中すると考えられます。

普通に考えると、粒の付け根、つまりトップシート裏側(スポンジ側)の
粒の付け根のR部分に応力が集中すると思いますので、まず裏側に
クラックが発生すると考えられます。

一度クラックが入ってしまうと、例え小さなクラックでもその部分に更に
応力集中ためにそこを起点に拡がって表面にまで亀裂が現れる。
そのために粒の円に沿ってクラックが入ると考えられます。
それが写真③の状況と推測。

さらにそのクラックがラバーの水平方向にも拡がって大きな亀裂となる
のだと思います。

耐久性を高める手段は、
・ゴム材料の引張強さを高める
・シートの厚さや粒形状を調整して応力集中を緩和する
ことが考えられます。

いずれもラバー性能に大きく影響すると思われるために、性能と耐久性
のバランスの妥協点を考えて製品化。

テナジーシリーズは多くの粒パターンを試作して、そのコードネームが
05、25、64となったことは周知のことです。

つまり、まずはゴム材料を専門メーカーと共同で開発し、それを固定した上で、
少なくとも64パターン以上を試作して、弾性、回転性能、耐久性、のバランス
を検証、さらに生産性も考慮した上で製品になっていった。

話が随分逸れてしまいましたが、開発現場ではこんなことが行われている
のだと想像します。

↓ブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

PR:勝ちたいなら・・・上達への近道 卓球上達革命
PR:卓球用品のお求めは、卓球マーケット

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

【テナジー・05】寿命について

昨日、5ヶ月と1週間使ったテナジー・05を新品に貼り替えました。

表面写真等、詳細は昨日のブログを参照して下さい。

新品で練習しましたので、新旧で感じた差異について書きます。

1.新品の方が軟らかい、というか、ゴムらしい弾性をより感じました。
  それゆえ、新品の方がより弾むと思いました。

2.サービス時のような、軽打時の「引っ掛かり感」については差異は感じませんでした

3.ドライブ時、旧品でも十分な「引っ掛かり感」はありましたが、新品はそれに加えて、
  より食い込んでボールを掴む感覚を感じることができました。

4.スマッシュについては、新品の方がやり難い(ミスが多い)と感じました。



私なりに考察すると...

・使っていくうちにゴム・スポンジが徐々に硬化して、1,3,4のような差異が
 出てくるのだろうと思います。
 実際、あらためて新旧を摘んで比較してみましたが、新品の方が軟らかく、
 弾性に富んでいると明確に感じました。

・軽負荷時の「引っ掛かり感」については、この程度の硬化度合いではさほど
 影響しないのだろうと思います。


当然、テナジー・05の寿命が○ヶ月とか、△時間と断言することなど出来ません

新旧の差を、「これぐらいなら...」と思えるか「この差は大きい」と思うか、
人それぞれでしょう。
そして、納得できる差異の範囲内で線引きして、それが「寿命」となるのだと思います。

因みに私個人としては、今回の差異は、財布の中が寂しいときなら何とかガマンできる。
財布の中に余裕があるときなら、迷わず新調します。
(財布の中に余裕があることなど、ほとんどありませんが...)

ただ、テナジーの寿命は「硬化度合いの影響」と、何より「トップシートの亀裂の
発生有無とその大きさ」で決まってくる
と私の中では結論付けできました。

あと、私は使っていないときには粘着シートで表面を保護しています。
これは長持ちさせたいんだったら絶対必要だと思います。

↓ブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

PR:勝ちたいなら・・・上達への近道 卓球上達革命
PR:卓球用品のお求めは、卓球マーケット

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

【テナジー・05】耐久試験終了しました

テナジー・05を5ヶ月以上使用してきました。
おろしたのは5/29。
5ヶ月と1週間。累積使用時間にすると、172.5時間になります。

今週末に試合があるため、新品に貼り替えました。
まだ使えないことはありませんが、新品にしたらどうなるか気になったことも
あります。

これで「テナジー・05耐久試験」は終了となりました。

観察を始めた8/30からの表面状況の写真を列挙します。


8月30日 約3ヶ月 累積使用時間:92.5時間 使用後

テナジー090920
9月20日 約3ヶ月と3週間 累積使用時間:115.5時間 使用後


10月10日 約4ヶ月と1週間 累積使用時間:143.5時間 使用後


11月6日 約5ヶ月と1週間 累積使用時間:172.5時間 使用後

写真を撮ったときの光の関係もありますが、だんだん艶がなくなってきたような。
下の新品と比べると一目瞭然。


11月6日 新品に貼りかえ


私がラバーの性能として最も気にしているのは「引っ掛かり感」です。

その「引っ掛かり感」については、5ヶ月以上使ったものでも不満はありませんでした。
それどころか、十分満足いく「引っ掛かり感」と言ってもいいでしょう。

ただ、劣化は徐々にゆっくり進行するため、気付いてないだけかもしれません。
また、「弾み」については殆ど気にすることはありませんでした。

新品に貼り替えてみてどう感じるか?
新品で打ったとき、新旧の差が明確になると思います。

新旧比較については、次回書きたいと思います。

↓ブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

PR:勝ちたいなら・・・上達への近道 卓球上達革命
PR:卓球用品のお求めは、卓球マーケット

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

【テナジー・05】耐久試験まだ継続中

テナジー・05を4ヶ月以上使い続けています。


8月30日 約3ヶ月 累積使用時間:92.5時間 使用後

テナジー090920
9月20日 約3ヶ月と3週間 累積使用時間:115.5時間 使用後


10月10日 約4ヶ月と1週間 累積使用時間:143.5時間 使用後

外観上、かなりくたびれてはいますが、1ヶ月以上前と比較しても
大きな変化はありません。
強いて言えば、粒の形がよりハッキリ表面に現れてる気はしますが。

使用感は、全く問題ないです。
問題ないどころか、メチャメチャ引っ掛かります。(湿気さえなければ)

大分ツヤがなくなってきたので、若干の磨耗はしてるんだと思います。
それでも引っ掛かりがイイということは...

表面の面性状はあまり関係なく、ゴムの材質自体で回転力を発揮する設計
なんだと思います。

次回の試合は、11/8。
それまで問題なければ、その直前までは使い続ける予定です。
達成できれば、5ヶ月と1週間ということになります。

試合直前でも問題なければ試合でも使います。
逐一報告していきます。

(注:上記はあくまで私の使用感、実績です。)

↓いつも応援クリックありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ


PR:卓球用品のお求めは、卓球マーケット



テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。