卓球とうつ病日記

リニューアルしました♪「見てよかった」と思われるブログ目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】サービスの情報を最小限にする

柳承敏とハオ帥。
注目したのはサービスのモーションです。

・柳承敏
 バックスイングを大きく取り、インパクト付近でのラケットの動きが速いために
 回転の判別が困難。
 ラケットの動きが速いと短いサービスを出しにくいが、インパクト時にヒジを上げ、
 ラケットの推進を抑えている。

・ハオ帥
 バックスイング、フォロースルーが最小限。しかもカムフラージュモーションが入る。
 情報が少ないためにボールにどういう回転を与えているか判別困難。



回転判別を困難にさせるという同じ目的ながら、対照的なアプローチを採っています。

ハオ帥のサービスはいつも注目していますが、本当に判り辛いと思います。

マネをするのは難しいですが、考え方は参考にしたいと思います。



↓応援クリックお願いします。ブログ村での順位が上がります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ

スポンサーサイト

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taizou520.blog61.fc2.com/tb.php/316-40d661a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。