卓球とうつ病日記

リニューアルしました♪「見てよかった」と思われるブログ目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【卓球戦術ノート】戦術とは何か(その6)

卓球戦術ノート (卓球王国BOOKS)卓球戦術ノート (卓球王国BOOKS)
(2001/12)
高島 規郎

商品詳細を見る


「卓球戦術ノートシリーズ」第6回です。

第1章 「戦術とは何か」  

・効いているサービスは温存せず効かなくなるまで徹底的に使う。

 これは色々な考え方があるでしょう。
 効いているサービスは「ここぞ」というときに温存しておくという考え方が一般的
 のように思います。

 この本では、効いているサービスは効いているうちに徹底的使い、スタートダッシュ
 をかけ、先行逃げ切りで勝つ、と書かれています。

 効かなくなったら次の手を出す。
 サービスに限らずサービスからの得点パターンまでのことです。

 1ゲーム21本制から11本にルール変更されたのが2001年。
 この本の初版発行が2001年12月。
 そういう背景があるのだと思います。

 効いてるサービスを徹底的に使うか、温存するか。賛否両論あると思いますが、
 11本制の現代卓球、スタートダッシュが重要になったのは間違いないでしょう。

↓いつも応援クリックありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ


PR:卓球用品のお求めは、卓球マーケット
スポンサーサイト

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taizou520.blog61.fc2.com/tb.php/330-4027e096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。