卓球とうつ病日記

リニューアルしました♪「見てよかった」と思われるブログ目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卓球による肩の故障

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて...

年末に肩を痛めてしまいました。
試合の日の夜から痛み出し、腕を上げるとある範囲で痛くなるという
症状でした。痛い範囲を超えて一番上まで上げると痛くありません。

12/22(火)に接骨院に行きました。
色々ある病院の中で選んだのは、HP上での謳い文句
「とにかく早く治すことにこだわる」「オフェンシブに治す」
という接骨院。

診察を受け、症状を伝えて治療に入ると...

電気治療なのですが、肩が痛いのに痛いところを殆ど触らず、
肩甲骨のあたりの筋肉をほぐすことばかりする
のです。

理由を電気治療を受けながら話を聴きました。

「トリガーポイント」という考え方があるそうです。
トリガーとは、銃の引き金のこと。
引き金になるポイントがあって、ちょっと離れた部分が痛む
のだそうです。

下図は後ろから見た画で、太い線で書かれている部分を腱板と言います。
腱板は4つの筋肉から形成されていて、私の場合、肩甲骨のあたり(背中)
の棘下筋という筋肉が固まって、それがトリガーポイントとなって最も先端
になる肩が痛むそうです。



12/27(日)には次の試合が控えていたため、それを先生に伝えると、
「ムリしないほうがいい」という答えが帰って来ると思いきや、
「大丈夫です。それまでに2~3回治療すれば試合でれますよ」
という心強いお言葉。

12/24(木)の時点では、フォア打ちしても痛くて続けられませんでした。
12/26(土)の時点で、痛みはかなりなくなったものの、強いスイング
すると痛い。

試合当日12/27(日)。
痛みは殆どないものの、最初のうちは怖くて強いスイングができません
でしたが、徐々に強いスイングができるようになり、いつしかフルスイング
が出来て、痛みもありません。

痛い部分の治療(対処療法)であればムリだったと思います。
トリガーポイント治療(根本治療)のお陰で良くなったんだと思います。

「トリガーポイント」という考え方を取り入れているところはまだ
多くはないそうです。

どこかが痛くて通院していてもなかなか治らないという方、「トリガーポイント」
という考え方を取り入れている病院を探してみてはいかがでしょうか?

因みに治療に使った機械は「アキュスコープ」という非常に高価な機械だそうで、
横浜ベイスターズの村田選手、中日ドラゴンズの谷繁選手も
ケガの治療で効果をあげているそうです。

↓ブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

PR:勝ちたいなら・・・上達への近道 卓球上達革命
PR:卓球用品のお求めは、卓球マーケット
スポンサーサイト

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taizou520.blog61.fc2.com/tb.php/449-dfd7468b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。