卓球とうつ病日記

リニューアルしました♪「見てよかった」と思われるブログ目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【世界卓球】中国のエースは馬琳?

世界選手権決勝戦で2つビックリしたことがあります。

1つ目は、女子。ご承知の通り歴史的結果になりました。

2つ目は男子のオーダー。

ドイツはこれ以外ないオーダーだったと思います。

驚いたのが中国のオーダー。
代表枠を最後に獲得した馬琳がエース(Y)

たしか、2006年ブレーメンの中国×ドイツで馬琳はボルに
大逆転負けを喫したと記憶しています。
馬龍は優勢にしても、ボルに2点獲られる可能性があることは
ある程度あったはず。

結果的にはこうなりました。

○A:ボル     3-2 X:馬龍 
 B:オフチャロフ 1-3 Y:馬琳 ○
 C:ズース    0-3 Z:張継科○
 A:ボル     1-3 Y:馬琳 ○
 B:オフチャロフ  -  X:馬龍

仮に5番までもつれても中国が勝ってたでしょう。


もし、馬龍がエース(Y)だったら...
こうなっていたかも。
2-2でラスト、オフチャロフ×馬琳

○A:ボル     ?-? X:馬琳 
 B:オフチャロフ ?-? Y:馬龍 ○ 
 C:ズース    ?-? Z:張継科○
○A:ボル     ?-? Y:馬龍
 B:オフチャロフ ?-? X:馬琳

5番までもつれたときに、馬琳と馬龍でどっちがオフチャロフに
勝つ可能性が高いか?
それがオーダーに表われたのでは?
2-2になる前提でXをエースと考えたのかもしれません。
まあ、私個人的な推測に過ぎませんが...

それにしても、一時期はもはやここまでか、と思われた馬琳が
息を吹き返したかのように大車輪の活躍。
準決勝、決勝と出番がなかった王皓とは対照的でした。

技術的にはサービス、レシーブのテクニックが高いがゆえの
2点だったと思います。
オフチャロフの回転が判り難いサービスに対するストップは
超絶モノでした。


PR:勝ちたいなら・・・上達への近道 卓球上達大革命
スポンサーサイト

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taizou520.blog61.fc2.com/tb.php/525-e6302224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。