卓球とうつ病日記

リニューアルしました♪「見てよかった」と思われるブログ目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ファスタークG-1】ファーストインプレッション

先日モニター当選したニッタクの新ラバー・「ファスタークG-1」。

ファーストインプレッションです。

これがなかなかいいんです。

気に入ったところ...

・ドライブの緩急が非常に付けやすい。
 3球目、厳しい姿勢からループでつなぎ、5球目に強ドライブ。
 ということが簡単にできてしまいます。

 スピード一辺倒でもなく、回転一辺倒でもなく、両者のバランスが
 すごくマッチしてるのだと思います。

 ドライブの球質、安定性、そしてシッカリした手応えは大満足です。

・ブロック
 何故かブロックがものすごくいい感じ。
 バッククロスへのドライブをクロス(右利きのバック)方向へ何本か
 ブロックで凌ぎ、チャンスを観てフォアストレートへノータッチ。
 爽快です。

いまひとつなところ...

・シートの強度
 軽く台にぶつけただけで亀裂が入りました。テナジー並みのモロさです。

・サービス
 いまひとつ切れ味が乏しい。

総合的に、攻撃面×守備面、回転×スピードのバランスがハイレベル。

イチバンの問題は今どき時代遅れな値段、5880円。

VEGA:3675円~3990円
オメガⅣ:4725円~4935円。
ラクザ7:5250円。

といったライバルと比べると、確実に1000円は高い。

最近は「高性能かつ”リーズナブル価格”」が標準になって
きてるんですけど...

オメガはⅢ→Ⅳで大幅値下げしたんですけど...

高品質な中国製テンションが2000円以下で買えるんですけど...

ニッタクさん、はるか彼方のバタフライの背中ばっかり追いかけて
アンテナ低くなってないですか~?

今どきこの値段ではリピートを躊躇うし人にお勧めできません。
この値段では間違いなく大ヒットはないでしょう。
モノが良いだけに、残念です。


PR:愛知の卓球クラブ情報、ショップ情報なら...「愛知卓球の情報サイト」
スポンサーサイト

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

コメント

こんばんは。

ニッタクさんの新しいラバーですか・・性能的には良さそうですけど値段がまだまだテナジーの名残を受けていますね

自分的にはニッタクと言えば、毎年新しいシリーズを出しており「これだ!」というようなラバーが思い浮かびません(私があまり使ったことがないのもありますが)


ハモンドは最初に3360円、それがβに至っては4800円というのですから驚きです。


性能でも値段でも日本ラバーと並ぶ海外ラバー。
もう日本のメーカーは海外に抜かれつつあるのでしょうか・・・・

  • 2010/08/01(日) 22:27:08 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ニッタクはハモンドとマジックカーボンしか使ったことが無いです・・・

ニッタクって性能が値段のわりに中途半端で、かつ寿命が長いわけでもない(これが貧乏学生には辛い・・・)ので、
一時”ニッタクはパッケージのかっこよさで売ってる”と思っている時期がありました(笑)

バタフライはまだ高くても性能や寿命で納得できるものが多いですが、
ニッタクはこのままだとただの見栄張りにしか思えません(汗)

  • 2010/08/02(月) 08:29:41 |
  • URL |
  • Indigo #2bSadHnc
  • [ 編集 ]

indigoさん

確かにそれはわかります

バタフライはスピードやスピンの表記がシンプルなのに対してニッタクは10、8や12、4など細かすぎるような気がします。
それだけ正確にしていると言うことなのでしょうが、その前にスポンジの硬度等も表記してほしいと思います。

  • 2010/08/02(月) 16:29:39 |
  • URL |
  • 柳 #-
  • [ 編集 ]

>柳さん、Indigoさん

ニッタクのラバーはハモンド、ナルクロス、レナノス等ブランド名とGS、α、β、EX、ブライト等サブネームがが多すぎて、それぞれが全体の中でどういう位置づけなのか判りづらい点がネックのひとつだったと思います。

その点。ファスタークG-1、S-1は回転系テンションでG-1:グリップ重視、S-1:スピード重視と判りやすさがあります。

ニッタクは中高生に人気というイメージでしたが、この値付けでは離れていってしまうかもしれません。

もうひとつ、ファスタークはMADE IN GERMANEYです。
ヤサカのラバーもドイツ製が多いです。
VEGAやオメガもドイツ製。

主要ラバーで日本製はテナジーくらいでしょうか。

テナジーのシート製造は朝日ラバーというメーカーです。
バラフライはシートとスポンジを貼り付けて切ってるだけです。

タマス社に対して朝日ラバーは仕入先ということになりますが、
「下請けに作らせてる」というより「ノウハウのあるメーカーに作って頂いてる」という感じでしょう。朝日ラバーの売り上げ中、卓球ラバーの割合など僅かだと思います。

コンパウンド技術はメーカーにあって、そのコストはラバー間で
そう大差ないと思います。

それをいかにも「特別な配合で硬度な生産技術が必要」と見せかけて
高く売るか。そういうことはバタフライは上手いですね。

卓球ラバーの実態なんてこんなもんだと思います。
あくまで私の推測ですが...

  • 2010/08/02(月) 18:58:29 |
  • URL |
  • たいぞう #-
  • [ 編集 ]

朝日ラバーの件は初めて知りました。
ただ私もタマス好きという訳ではないなかで、ラバーはテナジーを使っているし、他社より質が高いのは間違いないと思います。スレイバー時代からマーケットの作り方が巧いですね。

研究から製造まで一貫でないのは、どの分野でもあることなので問題ないのですが、それより他社のドイツ製新商品が似通っていてしかも値段が下げられないことが問題だと思います。推測も半分あるんですが、グルーイング禁止の件と関わりのある人物がこれにも関与してるんですよ。

  • 2010/08/02(月) 23:24:53 |
  • URL |
  • ピンギス #-
  • [ 編集 ]

〉ピンギスさん

確かにドイツラバーの値段もかなり高いですね。
私はドイツラバーをあまり使ったことはないのですが、エクステンドを使いなかなかの好印象を持ったことを覚えています。

エクステンドは4200~4400とあまりテンション系では高額ではないと思いました、ヤサカはラグザとVステージを除き、6000以上のラバーがないことからこれからの日本ラバーを引っ張る存在に成るのではないでしょうか?

  • 2010/08/02(月) 23:44:41 |
  • URL |
  • 柳 #-
  • [ 編集 ]

>ピンギスさん、柳さん

多分、製造コストなんて似たり寄ったりで、「利益」をいかに出すかなんでしょうね。
メーカー間で暗黙の了解的なものも存在するのかもしれません。
それを陰でコントロールする黒幕がいても不思議じゃないですね。

その中でXIOMはドイツ製だけど韓国のメーカーだからその呪縛がないのかもしれません。
中国メーカーではなおさら。

中国ラバーの勢いで「暗黙の了解」など吹き飛ばして過去の話にしてほしいものです。

  • 2010/08/03(火) 21:22:45 |
  • URL |
  • たいぞう #-
  • [ 編集 ]

長いですが

この際なので私の知りうる限りの情報をお伝えします。(間違っていたり、もっと詳しい方がいたらごめんなさい。)
ドイツ製のテンションラバーは「テンゾー」と書かれてなくても、全てテンゾーのラバーでありここに委託しているのです。
なのでドイツ製テンションラバーを出している各社は強気なテンゾーにお金を払っているので、粗利を取ろうとするとどうしても値段が吊り上がってしまうそうです。
そんな中エックステンドは安めですが、まだテンゾーがそれほど強気でないときから発売し、当時の値段のまま頑張っていて、値段的には限界らしいです。XION社はマーケット上の低価格路線の先駆者になることでギリギリの粗利で頑張られているんだと思います。

ちなみにテンゾーのボスはドニックの創始者のドクターニクラスで、国際卓球連盟にグルーイング禁止、後加工禁止を強く呼びかけたとも言われてます。
そのほうがテンション系のラバーが売れるからです。ドイツ製テンションラバーは(最近の回転系は別として)耐久性が悪いため後加工されると耐久性が問題で売れなくなると考えていたのでしょう。

タマスや中国メーカーは関係ないので自分達でマーケットを見て価格設定していると思われます。

  • 2010/08/04(水) 03:38:57 |
  • URL |
  • ピンギス #-
  • [ 編集 ]

>ヒンギスさん

探してもなかなか得ることのできない貴重な情報をありがとうございます。
ドイツラバーの製造元がどこも一緒という情報を見たことはありましたが、こういった背景があるとは始めて知りました。

こうなると、テンゾーとタマスの接点とか、想像しちゃいますね。

卓球のラバーって売れると儲かるんでしょうね。
だからこそ、アディダスやダンロップといったビッグネームが
参入しようとしているのかもしれませんね。

  • 2010/08/05(木) 22:08:41 |
  • URL |
  • たいぞう #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taizou520.blog61.fc2.com/tb.php/563-8ef2903a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。