卓球とうつ病日記

リニューアルしました♪「見てよかった」と思われるブログ目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Mopha(モファ)】モファPRO(省チーム用)最終結論

ジャスポさんからモニターを仰せつかっていた
モファPRO(省チーム用)の最終結論です。

注:これは真空パッケージ、いわゆる新モファのPROバージョンでは
  ありません。赤い紙パッケージの物です。
  真空パッケージのモファPRO(国チーム用)は別途レポートします。

・ハンドルネーム:たいぞう
・主な戦績
 自慢できるほどの戦績はありません。
・年齢:38歳
・卓球歴:小中高8年(18年ブランク)+再開して4年
・戦型:ペンドラ
・ラケット:サイプレスS
・使用したことのあるラバー
 タキネスドライブ、スレイバー、マークⅤ、タキファイヤ、カタパルト、
 ニンバス、プラズマ470、天キョクⅢ、焦点Ⅰ、ロクソン500、
 テナジー・05/64、ラクザ7、エクスプレスONE、VEGAプロ/アジア、
 ファスタークG-1、モファ

 このレポートを読んで下さる方に対して何を伝えるべきか?と考えた末、
 「モファPRO(省チーム用)は(ノーマル)モファとどう違うのか?」
 を伝えるべきと判断しました。
 それゆえ、比較対象はテナジーやVEGAではなく、(ノーマル)モファに絞って
 レポートしたいと思います。

1.ラバーを一言で言うと(100文字以内)
  モファの、いい意味で尖った部分をそぎ落としたようなラバーです。
  モファに比べ、スピードは大幅に劣り、回転もわずかではありますが劣ると
  感じました。
    
2.ラバー重量(カット前 → 後)
  カット前:57g、カット後:36g
  因みにモファは、カット前:62g→カット後:40gでした。
  切れ端を使って、シートの粒形状や配列を比較しましたが違いはナシ。
  スポンジも見た目には違いは見られないのですが、摘むと明らかな差が
  ありました。モファより硬いスポンジです。
  (パッケージの記載は36~40度と同じでした)
  モファは自由状態でかなり反っているのに対し、モファPRO(省チーム用)は
  ごく普通。恐らくこの点が以下の性能差になっているのだと思います。  

3.ドライブのスピード・回転量・コントロール性について
  スピード:
  モファを始めて使ったときは2~3球打って「これは速い!」と感じましたが、
  そんなサプライズは全くなく、テンションラバーとしては平均以下だと思います。

  
  回転量:
  スポンジが硬いことから、回転性能には期待していたのですが、モファより劣る
  感は否めません。
  また、モファではドライブの「インパクト時の手応え」が乏しいことが最大の
  ネックでした。この点においても、若干カッチリしたフィーリングにはなって
  いるものの、手応えが非常に希薄であることはモファと同様でした。

  コントロール性:
  モファでは、「打った瞬間にボールの行方をイメージしにくい」、「打った瞬間に
  安心感を得られない」という理由でドライブのコントロール性では厳しい評価を
  しました。

  その点ではこちらも同様。
  「この打ち方、力ならこの位のスピードや軌道になるだろう」
  という自分の感覚とのギャップが大きいという意味でコントロール性は厳しい
  評価になってしまいます。
  しかしモファより弾みが小さい分「ジャジャ馬感」は全くないので、その点は
  モファより良い評価をしても良いと思います。

4.ツッツキ・ストップ・ブロックなどの守備技術について
  モファでのツッツキ、ストップは浮き気味になる感じでしたが、
  モファPRO(省チーム用)ではそれは感じませんでした。
  が、特筆すべき点はこれといって見当たらないというのが正直な感想です。
  守備的なブロックは角度さえ慣れてしまえば問題ないと思います。
  攻撃的なブロックはやはりモファに軍配が上がるでしょう。

5.サービス・レシーブのスピード・回転量・コントロール性について
  サービスの回転量はモファよりやや劣勢。ただ、弾みが小さい分短めに
  コントロールしやすいと思いました。
  レシーブについてはモファ同様、相手の回転影響が比較的小さい分、
  多少予測と違っても何とかなるという安心感を感じることができました。
  フリックは回転系より弾き系の方がやりやすいです。

6.メリットについて
  正直申し上げて、モファよりこちらを積極的に選ぶことのメリットを
  感じることができませんでした。

7.デリットについて
  モファはいい意味で尖った感じのラバーでした。
  その個性をモファシリーズのスタンダードだとすると、その個性が
  大きく薄められており、これといって特徴のないラバーになって
  しまっていると思います。

8.こんな貴方にお奨めしちゃう
  モファシリーズを試したいなら(ノーマルの)モファをお勧めします。
  どうしてもモファPRO(省チーム用)を試したい、という方以外は、
  価格帯がラップするVEGAシリーズをお勧めします。
  ただし、フラット系技術が得点源という方にマッチする可能性は
  あるかと思います。

9.ズバリ妥当な価格は?
  省チーム用というレアモノということで価格が高くなってしまうことは
  仕方のないことだと思います。
  ただ、純粋に性能面だけで言うとモファが激安の1890円でしたから、
  それ以下が妥当としか言い様がありません。
  裏を返せばモファが安すぎということですね。

10.継続使用したいですか?
  申し訳ありませんが、継続使用はできないです。
  モファPRO(国チーム用)に期待ですね。



PR:愛知の卓球クラブ情報、ショップ情報なら...「愛知卓球の情報サイト」 
スポンサーサイト

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

コメント

紙パッケは旧verですからPROという名称が相応しいかは微妙ですね。
WRMでは今度たいぞうさんが試打される国チーム用の真空パック版のみをPROと呼んでいるようですが。
ただあちらの情報では弾み自体に差は無いようです。

  • 2010/09/11(土) 14:40:44 |
  • URL |
  • 名無し #-
  • [ 編集 ]

>名無しさん

そういう情報はありますね。
でも、私がモニター用として頂いたショップではモファPROとして
売っているので全く別のショップであるWRM情報云々言えない
事情があるのです。
試打では国チーム用はモファと比較してちょっと大人しい印象でした。

  • 2010/09/14(火) 12:53:18 |
  • URL |
  • たいぞう #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taizou520.blog61.fc2.com/tb.php/578-172b4fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。