卓球とうつ病日記

リニューアルしました♪「見てよかった」と思われるブログ目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて...素振りの重要性

実家でタンスの肥やしになっていたスブリィを持ち帰って、
ウチでまたタンスの肥やしになってました。

スブリィです。


現代版は真っ黒ですが、昔はこんな風に木目だったのです。

付属の取扱説明書のようなものがあったので読んでみると...
最初に「素振りの必要性」について記載してありました。

-----------------------

一流選手になった人は”素振り”を必ず日課としてきました。
世界選手権でシングルスに3連勝した荘則棟選手は、バックハンドの
素振りだけでも2000回、日課として行ったと言われています。
荘選手の世界一といわれたバックハンドも、このような”素振り”の
積み重ねがあって完成できたといえるでしょう。

1969年度世界チャンピオン伊藤繁雄選手は、前後左右十字に兎跳びを
しながら”素振り”をしました。また全盛期の荘則棟選手に3連勝した
高橋浩選手は、正座して”素振り”をしたということです。

世界卓球史上最高の女子選手の一人松崎キミ代選手は歩きながら”素振り”
をし、日本選手権に4回優勝した大関行江選手は、調子の悪いときには、
納得いくまでどれだけでも振り続けたということです。

世界一といわれた山中教子選手の快速プッシュも、1分間に正確に
200回以上振ることを目標に”素振り”を毎日行うことで生まれたと
いうことです。

長谷川信彦選手は鉄亜鈴(←鉄アレイ)で”素振り”をしたり、少し
重いラケットでフットワークを加えて”素振り”をしています。

このように、一流となった選手は、普通の”素振り”と共に、自分の卓球を
鍛えていくフォームづくりのために”独自の素振り”の方法を考え出し、
日課の中に組み入れています。

これをみても”素振り”は卓球選手にとっていかに大切なものかわかるでしょう。
一流選手の試合に徹し切れる強さは、このようなトレーニングの積み上げの結果
としてあらわれてくるのです。

--------------------------

この私のスブリィは中学生の頃、買ってもらったもの。
試合前夜には外に出て、納得いくまで素振りしたものです。

先ほど、ドライブの素振りを100回やりました。
結構腕が疲れます。

これから毎日やってみようかなと思います。

ちなみにこのスブリィ、238gでした。


↓いつも応援クリックありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ

PR:愛知の卓球クラブ情報、ショップ情報なら...「愛知卓球の情報サイト」
スポンサーサイト

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

コメント

たいぞうさんに耳よりな情報です。

ブログもちょうどタイムリーなないようだったので。
イップス改善にもやはり正しい動きを再教育していくことが大切なようです。
ためして頂きたいのは、まず、鏡の前でとてもゆっくりな動きで素振りを行います。(メトロノームなんかあるとなお良いです)
次に、少しだけ素振りの速度を上げます。
速さを変える中で苦手な速さがあるはずです。
そして、各テンポで違和感を感じた素振りの回数を毎日記録します。これで変化を目で見て確認します。
伝わりましたでしょうか?言葉足らずな点あるかと思いますが…

騙されたと思ってやってみてください。多少時間はかかると思いますが、変化がみられるかと思います。

  • 2010/11/11(木) 00:18:31 |
  • URL |
  • 少年の心 #-
  • [ 編集 ]

>少年の心さん

アドバイスありがとうございます。

早速今日やってみましたが、間違えちゃいました。
無段階に(徐々に)ピッチをあげて、違和感を感じる回数をカウントしてしまいました。

そうではなく、ピッチを「段階的」に上げていき、各段階で違和感を感じる回数をカウント、
ということですよね?つまり、

1. 3秒で1スイング を繰り返し
2. 2秒で1スイング を繰り返し
3. 1秒で1スイング を繰り返し

で、1、2、3それぞれで違和感を感じる回数をカウント。
こんなイメージで合ってますでしょうか?

因みに、私は右手(利き腕)親指が震えるような違和感がでます。

  • 2010/11/11(木) 21:43:00 |
  • URL |
  • たいぞう #-
  • [ 編集 ]

そんな感じでOKです。
違和感がでてくるのが目に見えて分かるようになり、正しい動きを鏡で確認しながらゆっくり行うことで、スイングの回数が徐々に増えていくと思います。(しばらくは前後するかと思います。)
たいぞうさんの違和感を想像すると、親指の対立動作(物をつまむ)の為の筋肉が意識とは別に緊張が強くなってしまうのではないでしょうか。
本来動作の為に、主動筋と拮抗筋がバランスよく働いて成立するのですが、そのバランスが崩れているのではないかと思います。
あと、肘を90度に曲げて脇をしめて前腕を回す(手のひらを上に向けたり下に向けたり)で違和感でませんか?

  • 2010/11/11(木) 22:02:59 |
  • URL |
  • 少年の心 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>少年の心さん

> あと、肘を90度に曲げて脇をしめて前腕を回す(手のひらを上に向けたり下に向けたり)で違和感でませんか?

ビックリしました!
ズバリ、その動きで卓球のときと同じ違和感がでました。
手のひらを下に向けるとき、スッと回らなくてグググッっていう抵抗がある感じです。
脇を締めると顕著に出ます。

私はフォアサービスイップスから始まったのですが、何故かYGサービスだけは
大丈夫なんです。YGのときは脇を広げるから...という気が。
根本ではありませんが、何かヒントをもらった感じです。

これからもご指導お願いします。

  • 2010/11/11(木) 22:39:34 |
  • URL |
  • たいぞう #-
  • [ 編集 ]

ご指導だなんてとんでもないです。
こちらこそ、いつも様々な情報頂いてるので

回旋筋というのに異常が出やすいんですよね。肩にも回旋筋があるんですが、これが肩関節の安定に重要で鍛える必要があります。いわゆるインナーマッスルです。様々な方法ありますが、おすすめは、けんすいです。もしくはぶら下がるだけでもOKです。ただ痛めやすい筋群なので、無理のない程度でお願いします。

  • 2010/11/12(金) 13:48:09 |
  • URL |
  • 少年の心 #-
  • [ 編集 ]

>少年の心さん

色々教えて頂いて本当に感謝しています。

1年位前に肩というか背中を痛めて接骨院に行ったら
確か「鍵板炎」と言われた記憶があります。
「インナーマッスル」という言葉もその時初めて聞きました。
その時は卓球どころではありませんでしたから、
無理しないように色々やってみようと思います。

どうもありがとうございます。

  • 2010/11/12(金) 20:47:50 |
  • URL |
  • たいぞう #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taizou520.blog61.fc2.com/tb.php/622-027846e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。