卓球とうつ病日記

リニューアルしました♪「見てよかった」と思われるブログ目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン五輪後にセルロイドボールが消える

卓球王国HPより。

「国際卓球連盟のシャララ会長との単独会見で、同会長は
ロンドン五輪後にセルロイドボールが消えることを語った。

現在世界各国でセルロイドの製品を作る過程で、人体への
有害性を指摘され、セルロイド製品の製造禁止が実施されている。
世界最大のボール生産国である中国でも政府が禁止をするといわれている。

ロンドン五輪後、早い時期にPVC(ポリ塩化ビニール)という
プラスティック系の材料でボールが作られることになる。
プラスティック製はボールの継ぎ目のないものとなる。

100年以上続いたセルロイドによる卓球のボールの歴史が変わることに
なるだろう。」


自分でボールを買う一般プレーヤーで、ボールの寿命って結構短くて
不満に思っている方も多いと思います。

その原因は殆どが継ぎ目部分のクラック。
継ぎ目がなくなるということで、寿命的には長くなる方向にいくでしょう。

ただ、あの独特な硬質な感触や表面性状をPVCで再現できるか?
それ次第で、38ミリから40ミリへの変更より大きな変更になるかも
しれません。

できる限り違和感なく移行できるような製品を造って欲しいと思います。


↓いつも応援クリックありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ

PR:愛知の卓球クラブ情報、ショップ情報なら...「愛知卓球の情報サイト」
スポンサーサイト

テーマ:卓球 - ジャンル:スポーツ

コメント

ご無沙汰しています。

ボールの材質が変わるんですか・・・
確かにボールの破損の原因はほとんど継ぎ目のクラックですが、もし材質が変わることで打った時の感触がふにゃって感じになったらいやですね(汗)
あとは現ボールより明らかに重くなったり軽くなるのも面倒なことになりそうです(^^;)

  • 2011/05/15(日) 15:42:58 |
  • URL |
  • Indigo #2bSadHnc
  • [ 編集 ]

>Indigoさん

ご無沙汰です。

プラスチックボールってきくと、「ふにゃっ」っていう感じを
想像しちゃいますよね。

セルロイドボールは「バレル研磨」という工程で重量を調整
していたと記憶しています。
ただ、継ぎ目の段差をなくすのがその工程の主な目的で、
継ぎ目がなくなったらどうなるんでしょうね?

  • 2011/05/15(日) 18:04:01 |
  • URL |
  • たいぞう #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taizou520.blog61.fc2.com/tb.php/693-34668afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。